ホーム > クレジットカード現金化 > クレジットカード現金化の手法と落とし穴

クレジットカード現金化の手法と落とし穴

クレジットカード現金化とはいったいどういう意味なのでしょうか。宣伝文句を信じるならば、クレジットカードがあれば現金が手に入るということです。お金に困っている時にみかけてしまったら、つい手を出してしまいたくなるような魅力のある謳い文句ですが、人生はそんなに甘いものではありません。もちろん、この商売にも裏があります。そのからくりを紹介していきます。

そもそもクレジットカード現金化というのは、クレジットカードが現金になるわけではなく、カードで買ったものを現金と交換する手法です。
クレジットカードにはショッピング枠があります。これは商品を後払いするシステムで、料金の請求がすぐにはきません。現金化というのはこれを利用しています。
その手口にはキャッシュバック方式や買い取り方式などがあります。
キャッシュバック方式とは、価値の無いものを買わせてその何割かをキャッシュバックとして現金として渡すものです。たとえば40万円が入り用だったとしたら、50万円のものを買わせて8割キャッシュバックをうたい40万円を渡すといったパターンです。価値の無いものと現金は手に入りますが、後々カード会社から50万円の請求がきます。
買い取り方式というのは、クレジットカードで買ってきた商品を買い取るという質屋のまねごとのような手法です。高額な指輪などを買わせ、望んでいた現金分を交換するといった具合で、これでは指輪の購入金額より安い現金しか残りません。しかしカード会社からの請求は後々やってくるのです。

金利としては違法です。ではなぜこのような会社が捕まらないのかと言えば、彼らはあくまでも商品の買い取りをやっているだけだと主張するからです。質屋といえばわかりやすいでしょうか。だが実態は上記のとおり悪質です。
ちなみに、クレジットカード会社の契約事項に現金化は違法と明記されています。みつかれば契約違反となりカード使用自体を止められてしまうので、手をださないようにしましょう。

http://www.kankin-dictionary.com/